第6回ワークショップ報告


ラフターヨガでは笑う動作と呼吸を組み合わせたもので、笑った時の効果と同じ効果が得られるというものでした。動き自体は簡単なものでしたが、意味もなく笑うということが大人には難しく、最初は戸惑っているようでした。しかし子供たちはすぐに状況を受け入れて、笑い始めておりました。

先生から、大人は1日に笑う回数が50~60回であるが、子どもは1日300回位笑うという研究結果があるとの説明を聞き、順応性の高い子供たちの様子を目の当たりにして、納得いたしました。先生の掛け声に合わせて、体を動かし、声をだし、笑ううちに、体が内側からポカポカと暖まっていきました。さらに心地よい疲れと、気持ちがスッキリしていくのを感じることができました。自ら意味もなく笑うということは難しかったものの、笑っている子供たちを見ているうちにこちらも楽しくなっていくのを感じました。

道具を何も使わず、子どもをこんなに簡単に喜ばすことができ、その様子を見て親も嬉しい気持ちになることができました。毎日が忙しく、なかなか子どもと遊ぶ時間を作れずにいましたが、ただ笑い合うだけであれば、時間も場所もあまり関係なく簡単にコミュニケーションが取れる方法であると感じました。

日時
2019年 02月 15日 (金) 18:30 〜 17:30
場所
下仁田町文化ホール
講師
ラフターヨガ認定ティチャー 神宮 八重氏
テーマ
親子でラフターヨガ
目的
親子で同じ時間を楽しむ
参加者
20名
(内訳)
下仁田町9名 富岡市6名 上野村3名 高崎市2名