第3回ワークショップ報告


親子で遊んで学ぶ食育体験

日時
2018年 11月 17日 (土) 10:00 〜 13:00
場所
神津牧場
講師
神津牧場 場長、職員
テーマ
親子で遊んで学ぶ食育体験
参加者
33名

乳搾り体験

当日は晴天に恵まれ、町内外から16組計33名の園児、未入園児、小学生とその保護者が参加し牧場に集合しました。高橋商工会長の挨拶の後、乳搾りを体験するため50メートルほど離れた体験スペースに移動しました。そこには1頭のメスのジャージー牛とポニー、子ヤギがいて、職員の方が搾り方のコツを指導した後、それぞれ親子で乳搾りを体験しました。お乳をおっかなびっくり触る子供や泣き出す子供、喜ぶ親子など、それぞれ思い出に残る体験となりました。

バター作り体験

乳搾り体験の後はバター作りの体験会場に移動して2組ずつ8班に分かれてバター作りを体験しました。バターは、牛乳からクリームを分離して乳酸菌を植えつけ、それを発酵させたものをビンに入れて20~30分振るとできあがります。いくらビンを振ってもなかなか固まらないので、親子全員での作業となりました。それでも自分たちが汗をかきながら作ったバターが出来上がった時の喜びは大きく、参加者全員大満足でした。

食事

バター作りが終わると参加者の皆さんが楽しみにしていた食事の時間となりました。
食事のメニューは、神津ジャージー牛のチーズハンバーグと牛乳、ソフトクリームでした。動物の命の尊さに感謝しながら自然の中での食事は格別なものがあり、生きること食べることの大切さを学びました。