第1回 インターンシップ受け入れ協議会


テレワーク導入に関する協議と方向性についての協議

・本事業の実施要領について
下仁田町は、人口減少や少子高齢化に歯止めをかける為に、「下仁田町まち・ひと・しごと総合戦略」では雇用・交流を重点施策として掲げている。中でも企業誘致や就業支援を強化することで、安心して働ける環境づくりに努め、豊かな自然環境を活かし、周辺地域と連携した観光振興を行い、交流人口の拡大を図ることとしている。
今回の委託事業では、雇用・交流施策の実現を目指して整備する(仮称)「チャレンジ交流拠点しもにた」の開設後に、起業を目指す若者がスムーズに地域へ定着し、しごとを創出するためのソフト面での仕組みづくりを行う。
・ターゲットとしているテレワーク事業人材について
 子育て中のお母さん、主に女性をターゲットとしており、空いた時間で仕事ができるテレワークの活用を進めて行きたいと考えている。
・その他
  下仁田町は既にテレワークオフィスが整備されており、その活用と促進が求められている。本事業をスタートし、スキルアップ研修やワークショップを実施、テレワーク事業の認知と活用を促進したいとしている。
・コーディネーター石倉氏が中心となり推薦企業の検討、及びプログラム案を次回協議会までに検討を行う。

日時
2018年 07月 27日 (金) 15:00 〜 16:30
場所
NPO産業学習館 会議室
参加者

3名

(内訳)
石倉利雪(コーディネーター)、松本秀信(下仁田町観光協会)、吉田恵美子